明日からいよいよマダンですね。
いやーマダンまでの1週間は『あっという間』でしたね( ̄∇ ̄)
え?何?誤魔化されないぞ?すぐに更新するってな?
ま、まぁ、そう言った見解もございますが、

このてひょぎ、こと留学同に限り虚偽は一切言わぬ・・・・・・だが・・・・・・今回はまだその時の具体的な指定まではしていない。そのことをどうか諸君らも思い出していただきたい。
つまり・・・・私がその気になればブログの更新は10年20年後ということも可能だろう・・・・・・・・・・ということ・・・・!
なんて、ふざけてる場合じゃないですね。色々とばたついちゃって更新が遅れてしまいました……申し訳ありません(--;)


さて、今回と次回で、討論の時によくみかける2つの間違いをご紹介。一つは自分が「正しくない」んだって思い込んじゃってる場合。もう一つは自分が「正しい」んだって思い込んじゃってる場合。
討論の時に発言しづらいなって思ってるそこの君に、ぜひ読んでみてほしいなー

では、はじまりはじまり~



何が正しいのかを競うのが討論だと思い込んじゃってる人によくありがちなことなんだけど、まず討論には何か「正しい」考えと「正しくない」考えがあって、
自分の考えが「感情的」だとか「個人的」だとかあるいは、そもそもうまく言葉にできないだとか言う理由で、自分の考えは「正しくない」考えなんだと思ってしまう人がよくいる。

で、討論は正しさを競うものなんだから、「正しくない」考えは言っちゃいけない、もしくは言ったら攻撃されるって思っちゃって、結局言わないままで終わってしまう。

すると、せっかく今出ている意見とはちょっと違う考えを持ってるのに黙ったままになり、まず自分自身、その違和感が残ったままモヤモヤしたままになっちゃうし、実はその意見には不十分なところがあったり、もっと話す余地があったかもしれないのに、それが気づかないままスルーされてしまったりもする。

逆に、ちょっと勇気を出して言ってみたら、似たようなことを考えてる人がいたりして、その人がそれをうまく言葉にしてくれたり、そこから話が盛り上がったりなんてこともザラにある。

マダンの討論は別に相手を打ち負かすためにするものでもなければ、相手よりすごいことをいう必要なんてものもなくて、
「オレはこんな理由でこう考えてる。さぁ、反論してみろ!!」みたいな感じではなく、
「こんな風に考えているけど、それに関してどう思う?意見を聞かせて?」
とか、
「一緒に考えよう?」ってスタンスでやるものであって。
相手の反論を封じ込めるためじゃなくて、相手の発言を引き出すために、
もっと色んな考えを聞けるように、何か新しい発見がないかなって探すためにやってるわけで。


だから、たとえうまく言葉にできなくても思ったことは口に出してみる。そこから思ってもみなかった発見がうまれるかもしれない。すぐに言えることがなかったとしても、例えば相手の意見に賛成か反対か伝えるだけでも全然違ってくる。
感情的だろうと、個人的だろうと、別にそれでいい。まずは自分の考えを伝えるところから全部はじまる。

誰か1人が見つけた『正解』を教えてもらうことなんかより、みんなで意見を出し合って、この考え方は間違ってるんだと納得して共有できた事の方が何倍も価値がある。
納得はできないけど、自分の意見よりも「正しそう」な意見なんて100個教わったってなんの意味もない。誰か1人の正しい考えを押し通すんじゃなくて、みんなの意見や考えを積み重ねて一つの考えを形作っていく過程が討論なんです( ̄∇ ̄)

といったところで、長くなってきたので今回はここまで。次回は逆に「自分が正しい」って思ってるパターンの悪い例について話そうかと思います。では、またいずれ。
スポンサーサイト
2015.08.17 Mon l l コメント (0) トラックバック (0) l top
はいはい。お久しぶりのてひょぎです( ̄▽ ̄)
マダンまで10日を切りましたね。
運動モイン(スポーツ大会)、文化公演については、もう説明してくれたので、討論について少し書こうかなと思います。

討論って聞くと「ちょっとそういう難しいのは…」なんて気おくれする人もいるかと思います。特に朝鮮学校出身の人だと「また討論か…」なんて人も。そのおそらく不評であろう討論の汚名を返上すべく、ぼくなりの討論の面白さについて少し書いていきます。
(そもそもお前の話自体が難しくてわかりずらいんだよ…って方、マダン本番の討論は少なくともぼくの話よりは面白いはずですのでご容赦をヽ(´Д`;)ノ)


じゃ、まずはそもそも論のところから。なんで討論するの?討論って何?って話。
討論ってことばで辞書を引くと大体、「ある事柄について意見を出し合って議論をたたかわせること」なんて定義が載ってたりします。
この意見を出し合う、とくに「たたかわせる」ってあたりがみんなの討論への苦手意識の根底にあるんじゃないのかな~って思ってたりするんですが、どうでしょう?

で、戦わせるとなると勝ち負けがあるだろうし、議論の勝ち負けをつけるとなると、どちらかが正しくてどちらかが正しくない(あるいはどちらかがより説得的)ってことになるのかもしれませんが、マダン留学同でやる討論はおそらく、この意味の討論とは少し違うものじゃないのかなって思います。

楽しいイベントが目白押しなマダンですが、ただ楽しいだけじゃない。
自分について、自分が生きる社会について、自分のこれからについて、色んなことについて考える材料やきっかけが散りばめられています。
もちろん、それについて自分で考えるのは大事です。誰かの考えをうのみにするなんてもってのほか。
でも、それは別に自分ひとりで考えなさいってことではありません。
マダンに集まったみんなは生きてきた環境も違えば考えも違う、考えも違えば立場も違う、立場が違えばものごとを見る視点も違います。
そんなそれぞれ違った視点から同じものを見れば一つの視点からじゃ見えなかったものが見えてくる。
それぞれ違った意見のどれが正しいのかを競うんじゃなくて、みんなが見たひとつの物事の違う部分を教え合って、パズルだとかみたいにひとつの作品を作り上げる、そういう共同作業が留学同の討論なんです。

だから、自信のある意見だけじゃなくて、ほかの人と違う意見でも、ちょっと自信のない意見でも、どんどんどんどん積極的に言っちゃいましょう。
何かすごいことを言う必要なんかないですし、ちょっとした発言がきっかけでとっても面白い発見があるかもしれません。自分の考えを話すだけじゃなくて、ほかの人の意見を聞いてみて、その意見に賛成なのかそれともどこか違和感を感じるのか?感じるとしたらなんでだろう?とか考えるととっても楽しいですよ!!

討論を楽しめるようになったら、あなたも立派なマダン上級者!!

それでもやっぱり話すの自信ないよ…って人はぜひ、次回の討論のススメ②~「正しい」ってなんだろう?~(仮)を見てください。
別に「正しい」必要なんてないし、恥ずかしがったり不安に思う必要なんてないんだってことを少し書こうと思います。
だって、せっかくはるばる全国から集まって色んな人と話すのにただ黙ってるんじゃもったいなくありません?

ってことで、今回はここらで失礼いたします。写真も面白さも何もない文章を最後まで読んでくれてコマッスンミダー( ´ ▽ ` )ノ

2015.08.09 Sun l l コメント (0) トラックバック (0) l top
お久しぶり…なのでしょうか?最後に更新したのがいつなのか思い出せない程度には更新をサボってしまいました。
東大支部のてひょぎです(。-∀-)

今週は東大支部、早稲田支部の新歓があったので、その様子をお伝え致します。

まずは13日の東大支部新歓から。
あいにくので天候には恵まれなかったのですが、そんな中で16人もの学生が集まってくれました。
間違って急行に乗っちゃった子もいたり、ドタバタしつつ予定より30分程遅れて教室へ…(^^;

東大新歓150413

教室では僭越ながらわたくしが留学同の簡単な説明と、我らが東大支部長のちゃんじぇがミニ学習会を実施しました。
開始時間が遅れちゃったこともあり、少し駆け足になってしまったのが心残りです。

S__74784836.jpg

こちらは打ち上げの写真。焼き鳥を美味しくいただきました。
東大支部といえば、ここ数年むさくるs…男女比が著しく偏っているのが常だったのですが、この調子でみんなが楽しめる空間を築いて行きたいところです。




つづきまして昨日(19日)行われた早稲田支部新歓。
平日の夕方から始まった東大新歓とは違って余裕を持って3時スタートです。

こちらも新支部長ちゃんすんによる留学同についての説明のあと、2組に分かれてのお話タイム。

DSC_0053.jpg


そして食事会は中華料理の食べ放題へ!!
S__62799875.jpg

参加者は28人と留学同東京が誇るマンモス支部の面目躍如といったところでしょうか。



さて、明日(とはいっても30分後には今日なのですが)はいよいよ上智支部の新歓です。

そして今週はもう一つ25日に横網公園で関東大震災に関するFWを行おうと思っています。


新歓期が終わってからも魅力的で実りあるイベントをどんどん企画していきますので、これからも留学同東京(とこのブログ)をよろしくお願いしますね。では、またいずれ(  ̄▽ ̄)
2015.04.19 Sun l l コメント (0) トラックバック (0) l top
あにゃしみか〜
留学同東京のてひょぎです。今日は4.24ですね。

昨日、23日にLS(法科学生の集い)の2013年度第一回目のモインが行われました。
今回は法律の学習は行わず今年度のスケジュールや学習会運営の方法について話し合いました。

今年度は学習会をゼミ形式で行わず、毎回BIGなゲストにお越しいただいての講義形式で行うこととなりました。
第一線で働く弁護士の方をこの少人数で独占するだけでも畏れ多いのですが、そこにさらに各方面の講師の方々をお呼びするということで嬉しいやら申し訳ないやらで、一人で勝手に変なテンションになっております(笑)



モインの後には場所を移しての食事会。残念ながら写真をとり忘れてしまったのですが、朝大の法学科のトンム達も交えて楽しく、有意義な語らいの場でした。


最後に告知をば一つ。今年度LSでは「在日朝鮮人と法」をテーマに講義を行っていきます。法律を学ぶ方の他にも在日の問題に興味のある学生の参加をお待ちしております。参加希望の方は各支部の支部長かじょんす兄にでもご連絡ください。
次回は5月28日ですのでお忘れなく。
では、またお会いしましょう。

ポケット六法




2013.04.24 Wed l l コメント (0) トラックバック (0) l top