上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

引用

皆さーん!!!(●´ω`●)
アンニョンハオーーーー!!!
くぁんりょんですよ!!はい、拍手!!!★

8月もそろそろ終わり、9月に突入しますね!!
うん、とりあえず、時間過ぎるの早すぎ←
学生最後の夏休み★私は日々enjoyしてます!!♪

え?え?なんて?
最近何が楽しかったって?

いやいやいや、それ聞いちゃう??(●´ω`●)
もう、全力でお答えしますよ!!!

それはね、、、、8月18日~20日にかけて大阪であった、、忘れもしない、、、

マダン―――――――PLUS!!!
S__20291593.jpg


そう、全国から総勢約180人もの在日コリアン学生達が集いました!!!
北海道から九州まで、全国から集まった学生達が二泊三日運動して汗をかき、交流を深め、楽しくも意義ある時間を共にしました。

写真で振り返ってみましょう!!(^^♪

_S__20291606.jpg
まずは、我らが東京!!留学同!!今年は34人もの学生達が参加をしてくれました♪

S__20291588.jpg
 そして!!初日目は、マダンお馴染みの運動モイン!!各班に分かれて綱引きやポートボール大会、ムカデ競争、朝鮮相撲等!!!
カンカン照りな太陽の中で、必死に走り笑いの絶えない時間の中で、班ごとの交流を深めました(●´ω`●)

夜には、班ごとに分かれてナイトウォークをしました!!
S__20291609.jpg

わおわお、、、愉快なお化けたちが、皆を楽しくさせてくれました。笑
ちなみに私は、ムンクの叫び状態のお化けで、皆が来るのを待つ時間、うん、それが一番怖かった。笑


夜は、班ごとに分かれ、討論を行いました!!
そう、マダンはただ遊ぶだけの楽しい場ではないのです!!
なぜなら、全国から集う在日コリアン学生たちは同じルーツを持ち、境遇を持った仲間たち。だからこそ、通じ合うものが一つ、二つ、増えていき共有する事が出来るのです。
討論では、普段口に出せない悩みや不安を、素直に口に出すことで、より絆が深まっていくのです!!
勿論!!討論が終われば、班の仲間たちとトランプやウノをして遊び交流もより一層深まります(●´ω`●)


そして、二日目!!
劇団タルオルム!!特別公演!!
「そのまなざしのむこう」 
観客を巻き込み楽しくおかしくも、一人のハルモニの生き方を描いた芝居でした。私自身、この演劇を見ながら考えさせられることが沢山ありました。現代を生きる私達にとって、歴史とは、1世、2世の方々の姿とは、、、
本当に思うこと、感じることが沢山ありました。

そしてそして!!!2日目の夜‼!!ナイト!!ナイト!!ナイーーーート‼!!!
待ちに待った文化公演!!!( ;∀;)
ここでは、各本部ごとに準備してきた公演を披露しました!!

東京は???

S__20291590.jpg
S__20291614.jpg

キナリと舞踊のコラボー!!!
皆が一生懸命練習した努力が実り、見事‼!!!実行委員特別賞!!!を頂きました‼!!!
東京の圧巻な演技は、もう全国に高い評価をもらいました(●´ω`●)

そしてそして、文化公演では、大阪歌舞団の方々による舞踊や歌で会場はもう大盛り上がり‼!!!
皆で統一列車をしたり、オッケチュム(肩リズム)したり、飛んだり跳ねたり暴れたり!!!
本当に最高の想い出ですね‼!!!

S__20291599.jpg
もう熱気が半端ない!まさに、皆が一つになった瞬間でした(●´ω`●)


S__20291603.jpg

そしてそしてこれは東京の集合写真(*^_^*)みんな、本当に素敵な笑顔!!!


マダンも最終日に、、、
「ウリマル甲子園」には、去年の4倍もの8人の学生達が参加し、日本学校出身の在日コリアン学生達が、民族についての想いや、留学同活動についてのスピーチを行いました。
S__20291591.jpg


そして、最後は‼!!ドカーーーーーーン‼!!!留学同大大大BBQ‼!!!!
学年別の大交流会も行い、お腹も心も大満足‼!!!

S__20291598.jpg


S__20291596.jpg


はい、もう長ーーーーーーく書いてしまいましたが、
私の夏の最高のマダン(場)が、まさにこのマダンPLUSでした(●´ω`●)

この3日間を通して学んだ事は、これからの私達に大いに生かしていけると思います!!そして、今後留学同東京は、もっともっと、もっともっともっと!!!走って走って飛躍していきますよ!!!(*^_^*)

これからも、私達にとってPLUSな事は沢山あるはずです!!!
今回のマダンをきっかけに、多くの同胞学生達がどれ程のものがPLUSになったであろうか、、、
互いに内に秘めていた想いを共に共有できた仲間たちと、これからも!!!留学同活動を頑張っていきましょう!!!

留学同==========!!!!PLUS(●´ω`●)
スポンサーサイト
2015.08.25 Tue l l コメント (0) トラックバック (0) l top
勢いに乗ってもう一つ投稿。

よくある間違いをもう一つ。
今度は逆に自分の考えが「正しい」んだって思い込んじゃうパターン。

自分の意見に自信を持つ……それは大事なことだし

出てきたほかの意見に対して自分の意見をぶつけていく……さっきも言ったように、そこから新しい発見があったりするし、これもまた重要なことだ。

なんだけど、これが行き過ぎるとたまに、
「なんで『正しい』オレ様の考えを理解できないんだ。反論もできないくせに、なんで納得しないんだ!!」みたいな考えに行き着いちゃう。

まぁ、そこまで露骨に考える人はいないだろうけど。程度の差はあっても似たような考えになっちゃう人はいる。
そんなことはないって、思えてるんならいいんだけど、万が一の時のためにいくつか小言を。

なんで「正しい」と思えるのかというと、大抵はその人の発言や考えが「論理的」だから。で、「論理的」って何かなって考えると、それは根拠だとか原因だとか理由だとか(要するに前提)から結論を導き出すその過程が順序だってて間違いがないこと、これが「論理的」の意味。なので、まずそもそも難しい言葉使ってれば「論理的」だと思っちゃってる人は話す方も聞く方も要注意(-_-)
難しい専門用語だらけでも「論理的」じゃないなんてことはざらにある。よくエセ科学というかとんでも科学とかに引っかかっちゃうのはこのパターン。


例えば「○○は体に悪いから食べちゃダメ!」って言うだけじゃ、説得力がないけれども、「○○に含まれるα‐コンドロイチンは血液中の受容体の動きを阻害するために様々な病気のリスクを高める」みたいに書くとそれっぽく見えやすい。
ちなみにてひょぎはコンドロイチンがなんなのか知らなければ、そもそもα‐コンドロイチンなんてものが存在するのかもしらない物理選択であります。
だけど、そんな素人が書いたものでも専門用語を並べると反論するには専門知識がいるので、反論しづらくなる。結果、それなりに「正しそう」に見えるけどそこに正しさは1ミリも存在しない。

といった具合に、そもそも「論理的」じゃない場合に気を付けようという話をしたけど、「論理的」であっても「正しい」とは限らない。(そもそも「正しさ」を競う場でもありませんしね。)
どういうことかと言うと、さっきもいったように「論理的」ってのは単に「前提から正しく結論を導いてる」ってだけで、これは第1回で言ったけど、討論してるみなさんは人生も考えも立場も全部違う。違う前提からスタートしてるから、それぞれが「論理的」にただしく結論を導いたとしても違う結論が出るなんて十分ありえる。


なのでほかの人と意見が食い違った時は、
違う前提から話を進めているんじゃないか?
相手はどういう前提から話しているんだろう?
相手のその前提と自分の前提はどう違うのか、それは理解不可能なのか?
相手がその前提を持つようになった背景(バックグラウンド)はどんなものなのか?
で、どうやったらその違う前提・背景を持つ相手とわかりあえるのか?
って、あたりから考える必要があって。
その視点を欠くと「正しい」意見の持ち主になりやすい。

逆に前提の違いから考えたりすると、今まで自分が「当たり前」だと思っていたその前提が案外当たり前じゃないんだってことが見えてくる。
固くてしっかりした地面に立ってるつもりだったのに、どうやらその地面は思ったほどしっかりしてないんだってことがわかったので、
そこを掘り下げて掘り下げてしっかりとした地盤を探す。そうやってしっかりした地盤に基礎をたてておくと地上から見える部分は同じでも、その安定感は全然違ってくる。
運がよければ、そうして掘っているうちに相手と同じ地盤にたどり着けたりもする。
そうやって今まで全く違うところにいると思ってた人と共通の出発点が見つけられた時が、個人的に一番楽しいタイミングなんですけど、皆さんどうでしょう?

論理を積み重ねることで「高み」に登った気になって大上段から「正論」を振りかざすより、こうやって「深み」のある意見にしていく方がかっこよくありません?笑

まぁ、それでも「高み」だとか「正しさ」にこだわりたがる人はいますけどね。なんとかは高いところが好k…)ry

とまぁ、話が長くなっちゃいましたが3行でまとめると
「論理的」だからって「正しい」とは限らないし、ましてや「高み」にあるわけでもない。
でも、論理的だと「深さ」が増すよ~
「深い」だけで同じ地面の上の対等な意見なんで気おくれせずにどんどん話そう
ってことです。

うまいこと分割出来なくて、長くなってしまいましたが、今回はここまで。
ホントにマダン直前になってしまいましたがどうだったでしょうか。
ぼくなりの考えは伝えました。でもぼくが「正しい」わけでもありません。マダンの場でみんなの意見を聞けるのを心待ちにしております。存分に語らいましょう!!

では、明日の10時。大阪で会いましょう( ̄∇ ̄)
2015.08.17 Mon l l コメント (0) トラックバック (0) l top
明日からいよいよマダンですね。
いやーマダンまでの1週間は『あっという間』でしたね( ̄∇ ̄)
え?何?誤魔化されないぞ?すぐに更新するってな?
ま、まぁ、そう言った見解もございますが、

このてひょぎ、こと留学同に限り虚偽は一切言わぬ・・・・・・だが・・・・・・今回はまだその時の具体的な指定まではしていない。そのことをどうか諸君らも思い出していただきたい。
つまり・・・・私がその気になればブログの更新は10年20年後ということも可能だろう・・・・・・・・・・ということ・・・・!
なんて、ふざけてる場合じゃないですね。色々とばたついちゃって更新が遅れてしまいました……申し訳ありません(--;)


さて、今回と次回で、討論の時によくみかける2つの間違いをご紹介。一つは自分が「正しくない」んだって思い込んじゃってる場合。もう一つは自分が「正しい」んだって思い込んじゃってる場合。
討論の時に発言しづらいなって思ってるそこの君に、ぜひ読んでみてほしいなー

では、はじまりはじまり~



何が正しいのかを競うのが討論だと思い込んじゃってる人によくありがちなことなんだけど、まず討論には何か「正しい」考えと「正しくない」考えがあって、
自分の考えが「感情的」だとか「個人的」だとかあるいは、そもそもうまく言葉にできないだとか言う理由で、自分の考えは「正しくない」考えなんだと思ってしまう人がよくいる。

で、討論は正しさを競うものなんだから、「正しくない」考えは言っちゃいけない、もしくは言ったら攻撃されるって思っちゃって、結局言わないままで終わってしまう。

すると、せっかく今出ている意見とはちょっと違う考えを持ってるのに黙ったままになり、まず自分自身、その違和感が残ったままモヤモヤしたままになっちゃうし、実はその意見には不十分なところがあったり、もっと話す余地があったかもしれないのに、それが気づかないままスルーされてしまったりもする。

逆に、ちょっと勇気を出して言ってみたら、似たようなことを考えてる人がいたりして、その人がそれをうまく言葉にしてくれたり、そこから話が盛り上がったりなんてこともザラにある。

マダンの討論は別に相手を打ち負かすためにするものでもなければ、相手よりすごいことをいう必要なんてものもなくて、
「オレはこんな理由でこう考えてる。さぁ、反論してみろ!!」みたいな感じではなく、
「こんな風に考えているけど、それに関してどう思う?意見を聞かせて?」
とか、
「一緒に考えよう?」ってスタンスでやるものであって。
相手の反論を封じ込めるためじゃなくて、相手の発言を引き出すために、
もっと色んな考えを聞けるように、何か新しい発見がないかなって探すためにやってるわけで。


だから、たとえうまく言葉にできなくても思ったことは口に出してみる。そこから思ってもみなかった発見がうまれるかもしれない。すぐに言えることがなかったとしても、例えば相手の意見に賛成か反対か伝えるだけでも全然違ってくる。
感情的だろうと、個人的だろうと、別にそれでいい。まずは自分の考えを伝えるところから全部はじまる。

誰か1人が見つけた『正解』を教えてもらうことなんかより、みんなで意見を出し合って、この考え方は間違ってるんだと納得して共有できた事の方が何倍も価値がある。
納得はできないけど、自分の意見よりも「正しそう」な意見なんて100個教わったってなんの意味もない。誰か1人の正しい考えを押し通すんじゃなくて、みんなの意見や考えを積み重ねて一つの考えを形作っていく過程が討論なんです( ̄∇ ̄)

といったところで、長くなってきたので今回はここまで。次回は逆に「自分が正しい」って思ってるパターンの悪い例について話そうかと思います。では、またいずれ。
2015.08.17 Mon l l コメント (0) トラックバック (0) l top
はいはい。お久しぶりのてひょぎです( ̄▽ ̄)
マダンまで10日を切りましたね。
運動モイン(スポーツ大会)、文化公演については、もう説明してくれたので、討論について少し書こうかなと思います。

討論って聞くと「ちょっとそういう難しいのは…」なんて気おくれする人もいるかと思います。特に朝鮮学校出身の人だと「また討論か…」なんて人も。そのおそらく不評であろう討論の汚名を返上すべく、ぼくなりの討論の面白さについて少し書いていきます。
(そもそもお前の話自体が難しくてわかりずらいんだよ…って方、マダン本番の討論は少なくともぼくの話よりは面白いはずですのでご容赦をヽ(´Д`;)ノ)


じゃ、まずはそもそも論のところから。なんで討論するの?討論って何?って話。
討論ってことばで辞書を引くと大体、「ある事柄について意見を出し合って議論をたたかわせること」なんて定義が載ってたりします。
この意見を出し合う、とくに「たたかわせる」ってあたりがみんなの討論への苦手意識の根底にあるんじゃないのかな~って思ってたりするんですが、どうでしょう?

で、戦わせるとなると勝ち負けがあるだろうし、議論の勝ち負けをつけるとなると、どちらかが正しくてどちらかが正しくない(あるいはどちらかがより説得的)ってことになるのかもしれませんが、マダン留学同でやる討論はおそらく、この意味の討論とは少し違うものじゃないのかなって思います。

楽しいイベントが目白押しなマダンですが、ただ楽しいだけじゃない。
自分について、自分が生きる社会について、自分のこれからについて、色んなことについて考える材料やきっかけが散りばめられています。
もちろん、それについて自分で考えるのは大事です。誰かの考えをうのみにするなんてもってのほか。
でも、それは別に自分ひとりで考えなさいってことではありません。
マダンに集まったみんなは生きてきた環境も違えば考えも違う、考えも違えば立場も違う、立場が違えばものごとを見る視点も違います。
そんなそれぞれ違った視点から同じものを見れば一つの視点からじゃ見えなかったものが見えてくる。
それぞれ違った意見のどれが正しいのかを競うんじゃなくて、みんなが見たひとつの物事の違う部分を教え合って、パズルだとかみたいにひとつの作品を作り上げる、そういう共同作業が留学同の討論なんです。

だから、自信のある意見だけじゃなくて、ほかの人と違う意見でも、ちょっと自信のない意見でも、どんどんどんどん積極的に言っちゃいましょう。
何かすごいことを言う必要なんかないですし、ちょっとした発言がきっかけでとっても面白い発見があるかもしれません。自分の考えを話すだけじゃなくて、ほかの人の意見を聞いてみて、その意見に賛成なのかそれともどこか違和感を感じるのか?感じるとしたらなんでだろう?とか考えるととっても楽しいですよ!!

討論を楽しめるようになったら、あなたも立派なマダン上級者!!

それでもやっぱり話すの自信ないよ…って人はぜひ、次回の討論のススメ②~「正しい」ってなんだろう?~(仮)を見てください。
別に「正しい」必要なんてないし、恥ずかしがったり不安に思う必要なんてないんだってことを少し書こうと思います。
だって、せっかくはるばる全国から集まって色んな人と話すのにただ黙ってるんじゃもったいなくありません?

ってことで、今回はここらで失礼いたします。写真も面白さも何もない文章を最後まで読んでくれてコマッスンミダー( ´ ▽ ` )ノ

2015.08.09 Sun l l コメント (0) トラックバック (0) l top
あんにょんはせyooooo
2回目の登場、とうッッッッっ、みんなの大好き、ちゃんじーだよ♡

今回は、マダン特集の中でも、文化公演をピックアップしてお伝えしますよー!
東京からはチャンダンサークル、キナリが出演します。写真どうぞ!

IMG_2048[1]

プッの力強い音が今にも聞こえてきそうですねぇ!

IMG_2051[1]

みんな集中力すごいです...まだたったの3回しか練習してないのに、この習得率ッ!
あと練習を何回か重ねたら、もう優勝ですね。うん優勝間違いない。優勝しかないです。

そうそう!言い忘れてましたが、毎年マダンでは、全国の本部がそれぞれ準備してきた公演を披露することになってます。
さらに世知辛いことに、順位までつけてしまうという、非情っぷり。
もーーー心理的にはみんな優勝なんですけどね!

まぁ、でも競争するからには勝たないとっ
ってことで、メンバー全員張り切ってます!

特にキナリの責任者でもある、私ちゃんじーは、去年、某本部に敗れ、準優勝に終わったあの悔しさを胸にメラメラ燃えてます。近づくとやけどするぜ。←

また、付言しておくと、キナリは毎年自分たちでチャンダンを一から作ってます!
練習も自分たちで工夫しながら、ああでもないこうでもない、と知恵を出しあってがんばってます。
詳しくは言えませんが、今年は留学同結成70周年だけあって、スペシャルでオリジナリティ豊かなチャンダンになってます!

さっそく本番が楽しみすぎてはげそうです!
みんなも期待しててください♡

ではでは、マダンで会いましょーーーッッッ!
2015.08.06 Thu l l コメント (0) トラックバック (0) l top
あんにょんはせよーー!!!
お久しぶりです(*ˆ﹀ˆ*)
今日は早稲田のふぃりょんがお届けしまーす!

みなさん、マダンまであと15日です!
気持ちの準備は整ってきましたでしょうか!!!

私はもうワクワクが止まりません。
ついに昨日、全国の参加者が170名台にのぼりました!
170名ですよ、170名!!
こんなに多くの在日コリアン学生が一つの場所に集まってともに時間を共有するだなんて、、
本当に濃い濃い濃い3日間になることでしょう。

まだ、みなさん、マダンに行く!といっても想像も実感もわかないと思います。
ほんとにマダンの3日間はドキドキワクワクから始まり、あっっっっっとゆーまに過ぎてしまいます!

マダンでは、北海道から九州までの在日コリアン同士で班を組み、基本的にはその班で行動することになります。
新しい出会いがそこには溢れています!
楽しみですね!!

今日、ここでは「どんなもの、持っていけばいいの?」にお答えしたいと思います。
過去3回マダンに参加している私の独断と偏見による、必要なものリストです!
少しでもご参考になれば。。。

絶対いるもの♡

参加費
私服の着替え(着ていくプラス二日分)
ジャージ、パーカー(スポーツ大会とか、普段、パジャマ用など)
Tシャツ何枚も(結構汗かきます!)
洗顔セット、歯ブラシ
運動靴
筆記用具
下着二日分
お風呂セット(シャンプー、リンス、ボディソープ、ナイロンタオルなど)
バスタオル、フェイスタオル、スポーツタオル
コンセントのたこ足


女子必須♡
化粧品
化粧水
日焼け止め
さらさらパウダーシート
帽子や日傘などの日焼け防止グッズ
虫除け
ドライヤー

他にも自分が普段の生活で使うもの、コンタクトや眼鏡などもお忘れなく٩( *˙0˙*)۶


今週から、東京も文化公演の演目である<キナリ>の練習が本格的に始まりますね!
みなさん!ぜひぜひ参加して、かっこいい文化公演を一緒に創りましょう!!

そういえばみなさん、マダンplus+のブログもあるって知ってましたか?
実行委員を中心にかなりの頻度で更新しています!
実際にマダンに参加するっていう想像がつくりやすいかもしれません!

ぜひ、チェックを!
http://madangplus.blog.fc2.com


ちなみに、私も最近記事を書きました!
よければ、こちらもチェックしてください(◍ ´꒳` ◍)b(笑)
http://madangplus.blog.fc2.com/blog-entry-14.html


そして、ここで一つみなさんにお詫びを。。
先日のブログ更新の際に8月9日にポートボール練習をするということをおしらせしたのですが、こちら、残念ながら、今回は見送りとなりました。
予定を空けてくれてたみなさんには大変申し訳ないのですが、マダン当日まで、楽しみに待っていてくれたら、と思います。。。

と、今回も長くなってしまいましたが!
マダンまで15日!みなさん、気合い入れていきましょう!!!

それでは、また!
2015.08.03 Mon l l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。