アンニョンハシムニカ!
久々にブログがまわってきました〜!
今回は、3/10に行われた留学同東京大会と卒業生歓送会の様子、
そして3/4と3/19に行われたフィールドワークについて書こうと思います!

まず、大会と卒業生歓送会です。
大会では、2016年度を総括し、2017年度の方針や予算、人事を決定します。
今回の大会は、例年に比べ多くの同盟員が参加しました!!

BF57D291-AFF2-407E-B2D9-18CD21B074B3.jpg


みんなのスーツ姿、新鮮ですね^ ^
2017年度に向けてみんなが心を一つにした大会でした!


その後は、卒業生歓送会です。
卒業生3名が参加し、笑いあり涙あり(?)の会になりました。

4年間留学同を引っ張ってきた先輩たちの姿を、みんなが目に焼き付けてました!✨

D01B6019-C866-464A-B972-F5A518BA8F11.jpg


さて、続いては3月に行った2つのフィールドワークについてです!
4日は、関東大空襲の資料館に行き、その後慰霊祭に参加しました。空襲によっていろんなものを失った人々、そしてその中に多くの朝鮮人もいたこと、、知っていたようで知らなかった事実について、たくさん知ることになりました。慰霊祭が行われた慰霊堂では、関東大空襲により亡くなった方々の遺骨が保管されている場所にも案内していただきました。忘れてはならないこの事実をしっかりと継承していく責任を感じました。

19日は、留学同西東京と合同で、wam(女たちの戦争と平和資料館)へ行きました。この資料館では、「慰安婦」問題の加害と被害を伝えています。
まず、エントランスにはずらっと被害女性たちの顔が並べられていました。その中には、ペボンギハルモニや、キムハッスンハルモニの顔もありました。資料館の中は、慰安婦とは何かという初歩的なところから、被害女性たちの証言、被害者への各国の対応、日本学校で使用される教科書への記載など、様々な内容が取り扱われていました。
その後早稲田支部Uオッパの学習会も行われ、皆熱心に聞いていました!

このように、留学同東京では、フィールドワークを通した学びも行なっています。🏃
学ぶだけにとどまらず、学びを得て感じたこと、考えたことを次は実践に移せるような活動をしていきたいですね!👍
スポンサーサイト
2017.03.28 Tue l l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://rhttokyo.blog.fc2.com/tb.php/107-1042f89a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)